fc2ブログ

プロフィール

ikinaritei

Author:ikinaritei
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


 三条市仏教会では、本日お釈迦様の誕生をお祝いし「花祭り」の行事を行いました。
 
 お釈迦様は、紀元前463年、今から約2500年前、日本の歴史からいいますと、縄文土器時代の終わり頃の4月8日に

 お生まれになったといわれております。この行事は、チューリップや桜が咲き誇る春欄の季節に行われることから

 「花祭り」の名で親しまれています。

 三条市仏教会では、お盆行事と同じく一月遅れの「花祭り」となります。

 お釈迦様の教えの中に「諸々の悪はなすことなく、諸々の善を行ないて自らの心を清くせよ」と説いておられます。

 酒井大岳老師は、その著書の中で「例えば、ここにコップがあって水が入っていますね。この水の中にきれいでない

を一滴垂らし込んだら、その水は永久にもとの水に戻りません。赤い水一滴落とせば赤くなり、青い一滴を垂らせば

青くなります。

 今この水といっているのは、みなさんの人生のことです。八十年、九十年というコップ。そのコップの水の中に、

どんな一滴を落として、みささんは死んでいくんでしょうか。

 みなさんが死ぬと、そのコップの水は一本の大きな木の根に注がれるんです。木というのはもちろん子孫のこと、

後の世のことです。美しい水を注ぐと、木が喜ぶんです。美しくない水だと、木は枝を垂らして考え込んでしまうんで

す。だから、毎日ぼんやり生きていないで、自分というコップの水の中に一滴の万分の一でもいいから、「いい種」

を蒔いていく努力が大事ですと述べておられます。

 今日は、お稚児さんも大勢参加された素晴しい「花祭り」となり、感謝、感謝の一日でした。
スポンサーサイト




 | ホーム |