昨日急に高熱が出、医師会が運営する夜間診療所へ行き診療してもらった。
検査の結果「インフルエンザ」ではなく、ただの風邪ということで、三回分の薬をもらい帰宅した。
医師の先生は、薬は3回分しか出ないので、翌日「かかりつけ医」にいき、更に診療してもらいなさいとのことであった。
翌日、「検査結果」を持ち、「かかりつけ医」の診療を受けたが、またも検査するするという。昨日の検査ではマイナスの結果が出ており、再検査は不要とも思ったが、再検査の結果は前回同様マイナスであった。薬を出すということで説明があった。診療所では2種類であったが今回は4種類の薬を出すとのこと。医師の前ではいらないとも言えないのでありがたくい頂戴してきたがゴミ箱行きとなる。
 医療費が年々高騰しているのに納得。
 「患者よ、がんと闘うな」の著者、近道誠医師はその本の中で「日本人は世界一、医者や病院が好きな国民です。年間で一人当たり平均14回前後先進国平均の2倍以上も病院に通っています。しかし40年以上医師をやってきた僕が自信をもっていえるのは、病院へよく行く人ほど、クスリや治療で命を縮めやすいのです。さらに「クスリのほとんどには病気を治す力はありません。それなの貴副作用は大きく、風邪や頭痛につかうで熱鎮痛剤でもアナフラキシーショックという命に係わるような副作用が起きることがあります。さらに年を取ると血糖値を下げるクスリ、血圧下げるクス入りと何種類ものクスリを処方されます。真面目に飲んでいる方が多いでしょうが。それが原因で認知症を発症することもあるのです。さらにさらには降圧剤飲むメリットのあるのは下の血圧が115以上の人、あるいは上の血圧が200をこえていて、頭痛やめまいなど高血圧に伴う症状が出ている人、このような人達は血圧を下げることでr脳卒中などの合併症が発生するリスクを抑えられ、寿命を延ばすことにつながる。しかしそうでないなら治療は不要ー降圧剤を飲まずとも規則正しい生活や適度の運動など生活態度を改めるだけで血圧を下げることは可能ですとのこと。
 説得力のる本でした。人生で確実なのは「今生きている」「死ぬこと」です。死が確実に近づいているからこそ、人生を楽しまなければなりません。
スポンサーサイト

 剣聖といわれた宮本武蔵は「五輪書」のなかで「一道万芸に通ず」とのべ、それぞれが自分の好きな一道を極めたときに、それは他の一切の芸に通じるのだという。
 一つのことに熱中し、没頭し、その極意をつかめば、それが何であろうと自分を生かし、世間にも役に立つことになる。
 ただ、「極意」を極めるというのが極めて難しい。西野先生も「気の奥儀」のなかでこんなことを述べられている。
 合気道の稽古とは別に、自分で試行錯誤しながら捉えていった自分流の稽古をしていたが「気」のパワーを体験したときから、「足の裏から息を吸うことが真髄だ」と感じ、さらに研究を進めた結果、現在の足芯呼吸が生まれた。
 この呼吸法の眼目の一つは「身体の中心」を捉えることにある。そのためには、呼吸法のときも、「対気」のときも、左右の中心である正中線、上下の中心であるヘソ、そして人間の厚みの中心を捉えることが重要と説かれている。身体の中心とは、ヘソと背骨の中間にある。自分の真ん中から相手の真ん中に向けてエネルギーを出す。そしてお互いに交流させる。それが対気です。
 真ん中を捉えることができたときには、すべてを捉えることができる。これがなかなか難しい。
 しかしいつも笑えて楽しく、健康を維持するには一番いい方法かと考えている。あれもかも欲張っていてもしようがない。
 早く真ん中を捉えきれる身体になりたいものだ。

 8月27日、28日の両日にわたり自坊において開山忌が執り行われた。
 私ども曹洞宗においては一仏両祖の定めがあり、一仏とはお釈迦さま、両祖とは永平寺をお開きになった道元禅師様
総持寺をお開きになった螢山禅師様のことをさしている。
 曹洞宗はこのお二人のお力により、その基礎が築かれ、発展してきたといえる。
 このお二人が年こそ違い、同じ月の同じ日、9月29日に亡くなられた。曹洞宗では、このご命日を開山忌(両祖忌)とし。丁重な報恩の法要を行うこととなっている。三条組寺では、持ち回りで一か月早めた8月に法要が行われる。
 また、今回の報恩行事にちなみ当山では檀家の皆様の協力をいただき、駐車場用地の確保、畳替え、観音像の修復を行ったところであります。

 お盆が近づいてきた。こちらではお盆にご先祖が様があの世からお帰りになることから、棚経を各家庭にお伺いし挙げることとなっている。当寺でも14日から16日の三日間はそれなりに忙しい。幸いにして二男が手伝ってくれるので助かっている。
 今年は、いろいろなことが重なったが天命のようなもので幸いにも今この瞬間「生かされている」有り難いことである。
 この天命のようなものをさらに強め、新しい仕事にも挑戦していきたい。




 | ホーム |  次のページ»»